規格看板の作成は注意点を踏まえてから業者に依頼しよう!
ロゴ

規格看板作りには何が重要?材料やデザイン、費用は要チェック!

デザインで異なる集客率

何を目的として看板をデザインするかを考えなければ、求めている集客効果を手に入れることはできません。看板をデザインする際には、どんなサービスを提供しているのかが分かるように、さらにはどこに店舗があるのか分かるように配慮しましょう。顧客が足を運ぼうと決意できるデザインをすることが、集客率アップに欠かせません。

規格看板の材料とそれぞれの特徴

アクリル板

中に蛍光灯を入れるタイプの照明看板に多く使われる材料です。一般的な照明看板に使われているものの、やや高価で割れやすいというデメリットがあります。さまざまな色が存在しますが、もっとも一般的なのは白色です。

塩ビ板プラスチック

アクリル板に比べ割れにくく値段もそれほど高くないので、案内板をはじめさまざまな看板に使われています。熱で曲げることができるので柔軟な使用法がありますが、唯一ダイオキシンの発生が懸念される素材であることに注意しなければなりません。

アルミ複合板

他の材料に比べ非常に軽く取り扱いやすいこと、そしてある程度の技術を持ち合わせれば取り付けが簡単にできるメリットがあります。値段もお手頃で、案内板をはじめとした多種多様な看板の材料として利用されています。

ステンレス板

錆びない看板として広く知られる看板に用いられます。しかし、他のどの材料よりも高価なので、予算に余裕のある企業向けの看板材料と言えます。とは言え、一度設置すれば長く使うことができ、重量もあるので壊れにくいメリットもあります。

規格看板の作成は注意点を踏まえてから業者に依頼しよう!

広告

業者に依頼する流れと注意点

規格看板の施工を依頼する際、注意すべきポイントがいくつかあります。最も大切なことは、その業者に作業のどの段階を依頼するかを決めておくことです。看板のデザインの作成、看板の種類の選定と作成、そして取り付け工事まで、すべての工程を引き受けてくれる業者も存在します。言うまでもなく、多くの作業を依頼するほど費用は高くなります。予算に見合った看板設置のために、一部の工程を他業者に依頼したり、自社で行ったりすることを検討する必要もあります。見積もりが出たら、納期の確認を必ず行うことをお勧めします。開店やリニューアルオープンに合わせた内容の看板を依頼しても、その期日に間に合わないと集客効果が期待できなくなります。早めの納期を提示してもらえる業者を選ぶことが大切です。

規格看板のデザインや大きさの選び方

規格看板には、その店のコンセプトやアイデンティティが溢れるような工夫を施すことができます。しかし、最も大切なことは「人を呼び込む」効果のあるデザインを作り上げることです。決して安くない買い物である規格看板は、その費用に見合った集客効果を持たせる必要があります。そのため、デザインを決める際はターゲットとなる顧客層に合わせたイメージを考えましょう。若者向けであれば活気のある雰囲気の突き出し看板にしたり、深夜帯に人を呼び込みたいのであればLEDに映えるデザインにしたりと、さまざまな工夫ができるはずです。「顧客へのアピールができる看板」ということを第一に考えることで、理想的な看板のデザインや大きさが分かってきます。

規格看板の費用と制作期間相場

規格看板の種類によって、その費用の相場はさまざまです。既製品の小型吊り下げ型看板であれば30,000円程度から販売されており、気軽に購入することができます。大型の看板や特注看板の場合は100,000円以上することが多く、慎重な購入が必要となってきます。製作期間としては、既製品にデザインを印刷する工程だけで言うと半日から3日程度とされています。デザイン制作を依頼した場合は追加で3日から1週間、取り付けを依頼した場合はさらに3日程度期間が延びると考えておくとよいでしょう。春にかけての期間は看板発注のピークになるので、さらに納期が遅れる場合も少なくありません。納得のいく看板設置のために、余裕を持った注文プロセスを辿っていく必要があります。

規格看板を自店舗に設置している人の感想

集客効果が抜群!

来店のきっかけをアンケートで調査していますが、「看板を見て」という回答が抜群に多いです!チラシやホームページでの宣伝も大切ですが、看板は設置しておくだけでお客様がどんどん足を運んでくれていることを時間できます。

存在感をアピールできます。

飲食店のように、誰もが定期的に足を運んでもらえるサービスではないので、看板には店の存在感をアピールしてもらえることを期待しています。お客様に「以前看板を見かけて…」と仰っていただけることが多く、看板が役割をしっかり果たしていると感じています。

広告募集中